内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。パッケージ画像
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル01
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル02
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル03
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル04
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル05
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル06
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル07
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル08
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル09
内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。サンプル10

内定が取れなくて、母の乳を揉んだ。

世は「就職氷河期」。こんな時代に就活をしなければならない息子・拓也を陰ながら応援している早紀。しかし数十社から不採用の報せを受け取ったあたりから拓也は自信を失っていった。「僕なんて内定が取れるはずないんだ…」拓也は早紀の乳を揉んでいた。突然の拓也の行動に驚きを隠せない早紀だったが、拓也の気持ちが冗談でないと気がつくのに時間はかからなかった。そして早紀は乳を揉まれ、揉まれ、揉まれるのであった…。

購入

ダウンロード・ストリーム

FANZA配信価格

購入する

DVD

廃盤商品

廃盤

FANZAマーケットプレイスで見る